乗り合いタクシー2カ月延長 乗降可能地点を追加 船橋市

民間タクシー会社に委託して運行されている乗り合いタクシー(船橋市提供)
民間タクシー会社に委託して運行されている乗り合いタクシー(船橋市提供)

 公共交通不便地域の解消に向けて、市内4地区で乗り合いタクシーの試験運行を行う船橋市は、1月末で終了予定だった運行期間を3月末まで延長した。この間、2地区で乗降可能地点を追加し、利便性向上の効果を追加前と比較する。

 同市は2010年11月から3カ月間、八木が谷地区で乗り合いタクシーの試験運行を行ったが、利用者数が1日当たり3・8人にとどまった。これを踏まえ、昨年11月から、松が丘と新高根、旭町・上山町を加えた計4地区で2度目の試験運行を行っている。

 タクシーは一律400円で、乗車した地区内か、地区ごとに指定された目的地で乗降可能。2月からの延長2カ月間は、松が丘地区で高根木戸と北習志野の2駅を、新高根地区で高根木戸駅をそれぞれ目的地に追加する。問い合わせは事務局(市総合交通計画課内)電話047(436)2055。


  • LINEで送る