「夢大きく持とう」 「村の名物作って」 村長と中学生が対話集会 長生

中学生が村長に質問する対話集会=長生中学校
中学生が村長に質問する対話集会=長生中学校

 長生村の石井俊雄村長と長生中学校2年生との対話集会「村長さんと語る会」が31日、同中で開かれ村長と生徒が意見交換した。

 語る会には石井村長のほか、斎藤有芳同村教育委員長ら6人が出席。石井村長が「長生村は東京まで1時間。土地が安く、自然も豊富で住みやすいため長生郡市内で唯一人口が増えている。皆さんも、何でもいいから夢を大きく、目標を持ってもらいたい」とあいさつした。

 石井村長は、みんなが幸せになれる村づくりを目指す一方で、地方交付税が少なくなっているので全て役場に頼らないで、自分たちでできることは積極的にやってもらいたい。私が村長の間は、村の65%の人が望んでいない市町村合併はしない-と語った。


  • LINEで送る