新型コロナウイルス情報

印西市職員が感染 会食者のクラスター 【新型コロナ】

 印西市は、16日に判明した同市内の会食参加者のクラスター(感染者集団)で、20代の公務員男性は市職員だったと明らかにした。

 市によると、男性職員は本庁勤務。窓口業務ではなく市民との濃厚接触はないという。保健所の指導に基づき職場を消毒したほか、近くで勤務した職員は自宅待機している。

 男性職員は3月28日に市内の飲食店で会食。同店では4月16日までに、利用客22人のうち計11人の感染が確認されている。

 板倉正直市長は「外出自粛をお願いしている中、非常に残念」とコメントした。


  • LINEで送る