2020夏季千葉県高等学校野球大会 あの瞬間を捉えた写真も多数

利用者のお年寄り 見事な「辰」の陶芸 市原、福祉施設「麦の家」

お年寄りが制作した見事な「辰」=市原市の「麦の家」
お年寄りが制作した見事な「辰」=市原市の「麦の家」

 高齢者のケアに陶芸を取り入れている市原市国分寺台中央の福祉施設「麦の家」(高見清美施設長)で、利用者のお年寄りが今年の干支(えと)の辰(竜)の見事な陶芸作品を完成させた。

 陶芸教室は、お年寄りにものづくりの喜びを味わってもらおうと開所と同時に始めた。市内の陶芸家、原地宏幸さんらが指導に当たっている。昨年には施設内に念願の窯も完成した。

 干支づくりは昨年のウサギに次ぎこれが2度目。今回は昨年に比べ難しい辰。体の部分だけは原地さんが型どり、角や目などは11人の受講者がそれぞれに工夫を凝らした。


  • LINEで送る