小湊鉄道全線開通 昨秋豪雨被害 3カ月ぶり 【台風被災地はいま】

全線で運転が再開された小湊鉄道の上総中野行き列車=27日午前6時すぎ、市原市の五井駅
全線で運転が再開された小湊鉄道の上総中野行き列車=27日午前6時すぎ、市原市の五井駅

 昨秋の記録的豪雨で被害を受けた市原市の小湊鉄道(石川晋平社長)で27日、運休していた養老渓谷-上総中野間の運転が再開した。これにより約3カ月ぶりに全線(五井-上総中野)が運転再開した。

 同社によると、豪雨により上総牛久-上総中野間で盛り土の流出やトンネル内への土砂流入などの被害が発生し、同区間が運休。順次復旧を経て12月30日には上総牛久-養老渓谷間で再開した。

 小湊鉄道沿線などで活動するボランティア団体の連合体「南市原里山連合」の代表を務める松本靖彦さん(76)は、27日早朝から上総中野駅(大多喜町)へ。現地には写真を撮りに訪れていた人の姿もあり、「待ち望んだ開通。みんな喜んでいた」と声を弾ませた。

 約2カ月後は、小湊鉄道沿線に菜の花が咲き誇る春の観光シーズン。今年も観光客をおもてなしの精神で出迎える考えだ。現在、同駅周辺で活動する地域住民との連携を目指しており、「全線開通で弾みがつきそう」と期待した。


  • LINEで送る