保育所の再編方針案見直し求め署名開始 銚子の保護者

公立保育所の再編方針案に対し見直しを求め会見する深沢さん(右)ら=27日、銚子市役所
公立保育所の再編方針案に対し見直しを求め会見する深沢さん(右)ら=27日、銚子市役所

 厳しい財政状況が続く銚子市がまとめた公立保育所の再編方針案に対し、閉所方針が盛り込まれた海鹿島保育所の児童の保護者が27日、計画見直しを求める署名活動を始めたと発表した。

 発起人で保護者の深沢寿賀子さん(45)らが同日、市役所で記者会見。深沢さんは「子育て世代の流出を加速させる。財政難なのは理解しているが、保育所を減らす前にできることがあるはずだ」などと訴えた。

 市は子どもが減少している現状を踏まえ、海鹿島保育所と第三保育所の段階的閉鎖を柱とする方針案をまとめ、31日までパブリックコメントを募集している。越川信一市長は27日の定例会見で「集約化を図ることで予算を重点投入し、保育環境を良くしていくのが基本的な考え方」と話した。

 署名用紙は海鹿島保育所に常備しているほか、届けることもできる。武田商店(同市海鹿島町)など複数の場所に回収箱を設置。回収締め切りは来月12日。3月市議会に提出する予定。問い合わせは深沢さん(電話)0479(20)5133。


  • LINEで送る