冬鳥たち憩いのオアシス 谷津干潟(習志野市) 【師走の街かど】

  • LINEで送る

 約40ヘクタールの広さを誇り、年間を通じてさまざまな水鳥が観察できる習志野市の谷津干潟。今年も多くの冬鳥たちが飛来している。

 シベリアなどで夏を過ごしたヒドリガモやオナガガモといったカモの仲間、ユリカモメなどが訪れ越冬。シギ、チドリ類の多くが冬になると南へ渡る中、ハマシギやダイゼンはそのまま同干潟で冬を越す。

 干潟内の砂地や杭(くい)の上に連れ立って羽を休めるカモたち。日光を浴びながら毛繕いにいそしむかわいらしい姿も見られる。

 干潟を囲む約3・5キロ遊歩道はウオーキングを楽しんだり、望遠レンズ越しにシャッターチャンスを狙う市民でにぎわっていた。