1人客に配慮 植栽ゾーンも 柏の店内デザインコンペ

  • LINEで送る

丹羽さんがデザインした「うどん市 柏駅前店」の外観イメージ
丹羽さんがデザインした「うどん市 柏駅前店」の外観イメージ

 柏市内で営業する店舗の改装デザインを市民投票で決める「かしわっ子主義お店デザインコンテスト」第1弾で、過半数の票を獲得した1級建築士、丹羽修さん(37)の案が選ばれた。コンテストの対象店舗はうどん店「うどん市柏駅前店」。13日に丹羽さんと同店で打ち合わせ、改装日程などを調整する。

 同案は店の中心をカウンター席とし1人客も来店しやすいよう配慮するなどした上、隣接する柏神社側に店外からも見える植栽ゾーンを配置したことなどが特徴。従業員が動きやすいデザインであることも評価された。投票者からは「店員を呼びやすそう」「開放的」「(仕事しやすい工夫など)店員への配慮がある」などのコメントが寄せられた。

 丹羽さんは「選ばれた当初は責任重大と感じたが、今は多くの人が票を入れてくれてうれしいという気持ち」と話す。

 KICは第2弾も開始。25日まで、韓国・中国料理「皇帝(エンペラー)」の改装デザイン案への投票を受け付けている。問い合わせはKIC、電話04(7168)8686。