赤々と「温かい気持ち」に 千葉商大生考案「サンタ・ハウス」(市川市) 【師走の街かど】

  • LINEで送る

 松戸街道から千葉商科大学正門(市川市国府台)への道沿いに真っ赤な「サンタ・ハウス」がお目見えした。同大の女子学生8人が「温かい気持ちになって」と考案。夕方には電飾がともり、市民や学生に加えて渋滞でイライラするドライバーの心も和ませている。

 8人はサービス創造学部の3年生1人と1年生7人。同大が昨年、街道沿いで行ったイルミネーションを「今年も」と自主的に集まった。「ワクワクして心温まるもの」をテーマに企画を練った結果、昨年より“進化”して「子どもたちに配るプレゼントを準備しているサンタクロースの家」を造ることになった。

 木製の「サンタ・ハウス」は高さ2メートル、幅3メートル。

 イルミネーションの点灯は午後4時~同10時半。設置は25日まで。