小見川高校のキャラ「古墳トリオ」デビュー 荒波に負けずこぎ進め!

  • LINEで送る

小見川高校のマスコットキャラクターの「小見彦」「小見姫」の作者・工藤あゆみさん(右)と「忠犬おみ公」の作者・鈴木智恵さん
小見川高校のマスコットキャラクターの「小見彦」「小見姫」の作者・工藤あゆみさん(右)と「忠犬おみ公」の作者・鈴木智恵さん

 来年創立90周年を迎える香取市の県立小見川高校(森本均校長、生徒670人)は、地域に開かれた学校づくりの一環として、生徒や学校関係者から募集していた同校のシンボルとなるマスコットキャラクター「古墳トリオ」のデザインと名称を発表した。

 古墳トリオは、同校がある城山古墳群に住む「小見彦」「小見姫」の双子のきょうだいと、2人を見守る番犬「忠犬おみ公」という設定。3体のキャラの手には「どんな荒波にも負けずこぎ進む小見高(おみこう)生」をイメージし、ボートなど水上競技の道具、オールを持っている。

 同校では、今年8月1日から9月2日まで、地域に親しまれる学校をイメージしたキャラのデザインを募集。生徒から寄せられた8点の中から、関係者や外部有識者による審査を実施。協議の上、“3人組(トリオ)”でのデビューを決めた。今後、ポスターや着ぐるみも検討し、イベントなどでPR活動を行う予定。