辰の張り子作りピーク 香取の伝統工芸

伝統的工芸品「佐原張子」作りを行う、職人の鎌田芳朗さん
伝統的工芸品「佐原張子」作りを行う、職人の鎌田芳朗さん

 香取市佐原地区を代表する郷土玩具で、千葉県の伝統的工芸品「佐原張子(はりこ)」作りを行っている老舗のだるま店「三浦屋」で、来年のえとの辰(たつ)の張り子人形作りがピークを迎え、連日、職人の鎌田芳朗さん(76)が作業に追われている。

 作業場には、一つずつ願いを込めて作られた「たつだるま」や白竜、金竜などが所狭しと並べられており、鎌田さんは「今年は東日本大震災が発生したが、来年はみんなで、勢いのある昇り竜のように震災を乗り越えられるような一年になってほしい」と話した。


  • LINEで送る