激しく、ぶつけ合い! 冨田、長谷川さん“世界一” 東金でフープバトル選手権

  • LINEで送る

熱戦が展開されたEGフープバトル2011世界選手権=23日、東金商工会館
熱戦が展開されたEGフープバトル2011世界選手権=23日、東金商工会館

 東金市発の新スポーツ「EGフープバトル」の2011世界選手権が23日、東金市東岩崎の東金商工会館で開かれた。小学生の部で大網白里町仏島の冨田桃華さん(9)が、中学生以上の部では東金市広瀬の自営業、長谷川輝久さん(38)が優勝した。

 EGフープバトルは互いのフラフープをぶつけ合い、相手のフープを落とす新スポーツ。かつて東金市内の小学校が根拠のないうわさにもかかわらず、「健康に悪い」としてフラフープを禁止してブームを終わらせたことに対する反省と謝罪の意味を込めて東金市が昨秋、新スポーツを誕生させた。

 大会には小学生21人、一般を含む中学生以上の部に15人が参加。小学生の部ではフープの回転が速く、フープがぶつかるたびに塗膜がはじけ飛ぶ激しい戦いが繰り広げられた。