水との関わり深い土地 我孫子と手賀沼を歩く 【千葉地理学会連載 おもしろ半島ちばの地理再発見】

嘉納治五郎別荘跡
嘉納治五郎別荘跡
親水公園からの手賀沼
親水公園からの手賀沼

 我孫子は江戸時代は水戸街道の宿場町、現在は常磐線沿線の住宅地として知られています。

 「我孫子」という地名は古代畿内からこの地に移住した一族の姓であった、豪族の支配地に住む人々という意味、網を引く人々に由来する、などの説があります。

 利根川と手賀沼に挟まれたこの地は古くから水との関わりの深い土地でした。手賀沼は江戸時代には印旛沼と同様に洪水防止や干拓の工事が何度も行われましたがいずれも成功せず、最終的には戦後の国営事業による1974(昭和49)年の完成まで長い年月が必要でした。

 その結果、手賀沼は南に下手賀沼を少し残した現在の形になりました。

 その後、周辺の宅地開発等により水質汚濁が進行し、昭和の後半から平成にかけては「日本一汚れた湖沼」という残念な記録を作ってしまいました。現在もまだ十分ではありませんが少しずつ改善されています。そして親水広場が整備され、花火大会やトライアスロン大会も行われるなど、市民の憩いの場としての価値が高まっています。

 また、我孫子市は「物語が生まれる町」というフレーズで市をPRしています。それは、手賀沼を見おろす風景が美しく、1896(明治29)年の常磐線開通後、多くの文人がこの地に移り住み、創作活動に取り組んだからです。

 中でも志賀直哉や武者小路実篤を中心とした白樺派の人々の拠点となりました。それはここに別荘を建てた嘉納治五郎が民芸運動の第一人者である甥(おい)の柳宗悦を呼び寄せ、そこから白樺派の文人たちが集ったのです。

 この時期は大正デモクラシーの時代で、自由で個性的な表現が大正期の文壇の中心となりました。志賀直哉の代表作「暗夜行路」の大部分はここ我孫子で執筆されました。旧宅跡に書斎が復元されています。

 嘉納は1940(昭和15)年の幻となった東京五輪招致に成功し、手賀沼をボート競技の会場にと考えました。そんな嘉納と近くに移り住んでいた国際ジャーナリストの杉村楚人冠(本名広太郎)は親しく交流しました。杉村は先進的な新聞人であり、手賀沼の景観保護活動にも取り組みました。彼の住まいが記念館として庭園と共に残されています。

 我孫子駅南口を出て、国道356号線沿いの我孫子宿解説版を見て、杉村楚人冠記念館に向かいましょう。そこから嘉納の別荘跡と柳の旧宅三樹荘跡は近いです。三樹荘の脇から白樺派の文人たちもよく歩いた天神坂を下って左折すると白樺文学館と志賀直哉旧宅があります。この坂と崖沿いの道がもともとの手賀沼の湖畔になります。

 西洋古代史学者の村川堅固、堅太郎親子の旧村川別荘を通り、市役所脇の若松交差点を抜けると手賀沼親水広場です。日本で唯一の「鳥の博物館」もあります。ゆっくり歩いて回り、我孫子の魅力を再発見してください。

(敬愛大秀明大非常勤講師 鎌田正男)


  • LINEで送る