育成枠から1軍目指す 市立柏高・森投手、市長を訪問

秋山市長(右)と懇談する森投手(左)=10日、柏市役所
秋山市長(右)と懇談する森投手(左)=10日、柏市役所

 10月に開かれたプロ野球ドラフト会議で巨人に育成枠1位で指名された柏市立柏高校の森和樹投手(18)が10日、同校校長や野球部監督と共に柏市役所を訪れ、秋山浩保市長を訪問した。

 森投手は「絶対プロにいきたいと思って頑張ってきた」とこれまでの思いを話し、「育成枠で悔しい思いもあるが、トップレベルの選手の中で練習できる。1年以内に登録選手になり、3年以内にマウンドで投げるのが目標。毎日のトレーニングによる体づくりを頑張りたい」と抱負を述べた。秋山市長は「育成枠で花開いた選手はたくさんいる。自分のペースで頑張って」とエールを送った。

 森投手は野田市在住。小学校2年生から野球を始め、2009年に市立柏高校に入学、2年生の秋から野球部のエースとして活躍した。身長185センチ体重93キロ。


  • LINEで送る