看板で放射線量公表 松戸市が350カ所の公園・緑地で ホームページでも周知

放射線量測定結果を周知する看板=松戸市本町の西口公園
放射線量測定結果を周知する看板=松戸市本町の西口公園

 放射線量対策として、松戸市は市が管理する公園・緑地計約350カ所を対象にした「放射線量マップ」の公表を始めた。今月末までに各公園・緑地での詳細なスポット調査を順次実施し、測定結果を現地の看板と市ホームページで周知する。

 市は5月から9月までの間、市内350カ所の公園・緑地で、広場の中心点をポイントとして放射線量を測定した。同マップ公表に向け10月25日から実施している新たな測定ではポイントを増やし、砂場や遊具の下、U字溝、桝(ます)、広場、樹木の根元などを対象とする。測定は市の委託業者が行う。

 測定結果を市民に知らせるため、現地の園名板近くに高さ約1・5メートルのマップ仕様の看板を設置する。看板の上部には各公園・緑地の図面が描かれ、下部には砂場や遊具の下など測定した値を一覧表で掲載する。ホームページにも同様のデータを公表。現在は約120公園の測定結果が公表されている。


  • LINEで送る