2020夏季千葉県高等学校野球大会 あの瞬間を捉えた写真も多数

原因究明へ本格調査開始 高濃度セシウムの柏市有地 環境省

筒を埋め込み、高濃度の放射性セシウムが検出された土を採取する作業員ら=2日午後、柏市根戸
筒を埋め込み、高濃度の放射性セシウムが検出された土を採取する作業員ら=2日午後、柏市根戸

 柏市根戸の市有地の土壌から最大で1キログラム当たり27万6千ベクレルの放射性セシウムが検出された問題で、環境省や調査会社が2日、濃度が高まった原因や汚染範囲を特定するため現地の本格調査に入った。

 作業員らは高濃度の放射性物質が検出された周囲の地形を測量。約2メートル四方の約20カ所で、直径約10センチの筒を深さ約50センチまで埋め込み土を採取した。

 同日までに、土壌に接する側溝の雨水が排水される大堀川や手賀沼底の堆積物なども採取。現場の土と同様にサンプル検体として持ち帰り、環境調査の専門家らと成分や放射性物質の含有量、濃度分布などを調べる。

 同省は11月下旬までに調査結果を公表、除染方法などを柏市と協議する方針。


  • LINEで送る