製氷施設の修理見通せず 水揚げ作業に影響 九十九里・片貝漁港 仕入れるも供給「ギリギリ」 【台風15号被災地はいま】

 九十九里町の片貝漁港で業務用製氷施設が台風15号の強風で壊れ、いまだに修理の見通しも立っていない。水産物の鮮度を保つため製氷施設を利用していた漁業者らは代わりに外部の業者から氷を仕入れる状況を強いられ、水揚げ作業が滞るケースが出ている。九十 ・・・

【残り 1085文字、写真 1 枚】



  • LINEで送る