牛の赤ちゃん誕生 成田ゆめ牧場 母似で真っ白

今月20日に誕生した「せいらん」(成田ゆめ牧場提供)
今月20日に誕生した「せいらん」(成田ゆめ牧場提供)

 成田市名木の観光牧場・成田ゆめ牧場(秋葉秀威社長)の純白の牛「すずらん」が今月20日、赤ちゃんを出産した。

 同牧場によると、「すずらん」は2017年8月に誕生した乳牛で今回が初出産。全身がほぼ真っ白の母親の記念すべき第1子はメスで、背中と首周りに少しだけ黒ぶちがあり体は真っ白ではないものの、顔は母親似で真っ白。同牧場スタッフによると「お母さんと目がよく似ている」といい、「せいらん」と名付けられた。

 同牧場では「これからすずらんが美味しい乳をたくさん出してくれれば」と「せいらん」の健やかな成長を願っている。

 「せいらん」は牛舎の一部を開放しており、間近で見ることができるという。問い合わせは同牧場(電話)0476(96)1001へ。


  • LINEで送る