ジャポニスムの影響探る 「ミュシャと日本、日本とオルリク」展

 チェコのアーティスト、アルフォンス・ミュシャ。日本でも人気の高いこの画家の名を、ご存じの方も多いことでしょう。現在千葉市美術館では、2020年に日本とチェコとの交流が100周年を迎えるのを記念して、ミュシャとともに、チェコ出身のもうひとりの画家エミール・オルリクに光をあて、 ・・・

【残り 1236文字、写真 1 枚】



  • LINEで送る