イワシバーガーで目指せ「全国制覇」 グルメ甲子園出場へ 東金商業2年生チーム

  • LINEで送る

東金商業高校の生徒とホテル浪川荘が開発した新ご当地メニュー「サーディンライスバーガー」
東金商業高校の生徒とホテル浪川荘が開発した新ご当地メニュー「サーディンライスバーガー」

 東金商業高校の2年生4人からなるチーム「TOSHO~セカンド~」は、山武市蓮沼のホテル浪川荘の協力を得て、イワシのハンバーグを挟み込んだ新ご当地メニュー「サーディンライスバーガー」を開発した。30日に静岡県浜松市で開催する「高校生F級グルメ甲子園」に出場する。同チームの石橋拓也君(17)は「先月のさんぶNo.1グランプリに出場できず悔しかった。F級で優勝を目指す」と意気込んだ。

 サーディンライスバーガーは、イワシと豆腐を混ぜた照り焼きのイワシハンバーグをしらすを混ぜた焼きおにぎりで挟んだライスバーガー。歩きながら食べられる手軽さに加え、お米は県産米「ふさこがね」を使用するなど県産食材にこだわった。

 当初は先月24日に山武市蓮沼の県立蓮沼海浜公園いこいの広場で開催された「さんぶNo.1グランプリ高校生『新』ご当地グルメプロデュース」に出場する予定だったが、協力企業が見つからず、出場できなかった。これを知った山武市観光協会が協力企業を探し、同ホテルが手を挙げた。