挑戦し一番目指す教育を 阪本宇宙機構教授が講演 東金

  • LINEで送る

記念講演する阪本教授=東金市東岩崎の鴇嶺小学校
記念講演する阪本教授=東金市東岩崎の鴇嶺小学校

 東金市東岩崎の東金市立鴇嶺小学校(伊東雅毅校長、児童560人)でこのほど、第27回小学校算数教育研究全国大会が開かれた。宇宙航空研究開発機構(JAXA)の阪本成一教授(46)が記念講演し、詰め掛けた学校関係者に対し、「挑戦しなければ大成功はない。子どもたちが本気で一番を目指す教育を」と訴えた。

 同大会は全国各地で毎年1回開催しており県内では3回目。同日は全国から算数の教諭や算数に関心を寄せる市民など約800人が参加。大学教授による18の特別授業と全国の小学校教諭による18の一般公開授業が行われた。

 記念講演で阪本教授は「日本の宇宙開発と学校教育」と題して講演し、「はやぶさプロジェクト」の概要を紹介した。