暴力団排除へ対応学ぶ ゴルフ場支配人ら70人講習

 ゴルフ場から暴力団を排除していこうと、県ゴルフ場暴力追放協議会(早川恒雄会長)は、千葉市中央区のホテルで講習会を開いた。加盟ゴルフ場の支配人ら約70人が参加し、反社会的組織の接近をはねのけるすべを学んだ=写真。

 県暴力団追放県民会議の西原晋二事務局長が「暴力団との付き合いが明らかになると世間から冷たく見られ痛手となる。県民ぐるみで暴力団排除の輪を広げたい」と強調。県警捜査4課の大島亨史課長補佐が県内の暴力団情勢を解説した。

 模擬演習では暴力団関係者による機関紙の押し売りと、プレー予約という二つの場面を想定。暴力団員に扮(ふん)し迫真の演技ですごむ同課員を相手に、3人一組で「あいまいな答えをしない」「時間を区切る」「機を失せず通報する」などの対応法を実践した。


  • LINEで送る