子どもの可能性広げたい 女性権利保護にも汗 千葉市出身の海外協力隊 山口萌(もえ)さん(24) 【千葉から2万キロ 赤土の国に生きる パラグアイ探訪記】

 「途上国の人はかわいそうだと決めつけていた。2年間、彼らとともに暮らし、家族を大切にする姿を見て、日本にはない幸せがあると気付いた」。南米パラグアイで青年海外協力隊員として汗を流す日々。広い世界を見たいと飛び込んだ異国の地では想像を超えた苦労、そして喜びがあった。

 パラグアイの首都アスンシオン市か ・・・

【残り 1341文字、写真 1 枚】



  • LINEで送る