勇壮に海へ観客魅了 千葉市・寒川神社

  • LINEで送る

辺りが暗くなる中、照明に照らされて神輿をもむ担ぎ手=20日夕、千葉市中央区の千葉ポートパーク
辺りが暗くなる中、照明に照らされて神輿をもむ担ぎ手=20日夕、千葉市中央区の千葉ポートパーク

 千葉市中央区寒川町の寒川神社の例祭で、大神輿(みこし)を担いで町内を練り歩く「神輿巡幸」が20日行われた。担ぎ手は午後から同区寒川や新宿を回った後、夕方には千葉ポートパークの海岸に到着。神輿を担いだまま海へ突き進む「御浜下り」を挙行し、観衆は海中の猛々しい姿に魅了された。

 神輿巡幸は豊漁を祈る神事が起源で、平安時代末期の1127年に始まったとされる。市地域文化財に登録されている。

 大勢の担ぎ手は雨がやみ光が差し込む中、神輿をかついで勇壮に海の中へ。威勢の良い掛け声とともに、浜に上がったり海に入ったりを3回繰り返し、みそぎを行った。

 毎年、見学に訪れる同市中央区の建設業、平松洋司さん(72)は「海に入る時の躍動感がすごい。夏の風物詩で1年に1回は見ないと」と熱く語った。

 きょう21日には同神社で祭礼式典が行われる。