ドラマから恋人の聖地へ 木更津の中の島大橋 【ツール・ド・ちば2019 見どころ八景】(1)

  • LINEで送る

富士山と赤い橋のコントラストが映える木更津市の中の島大橋
富士山と赤い橋のコントラストが映える木更津市の中の島大橋
中の島大橋の下にある恋人の聖地のモニュメント
中の島大橋の下にある恋人の聖地のモニュメント

 今回のツール・ド・ちばで、2日間とも発着点となっている木更津市。ゴール直前でサイクリストを出迎えるのが中の島大橋だ。全長236メートル、高さ27メートルと日本一の高さを誇る歩道橋で、秋から冬のよく晴れた日には、富士山と赤い橋の共演を楽しめる。

 市内屈指の潮干狩りスポット、中の島に渡るための歩道橋で、木更津港まつり花火大会(8月15日)や冬花火(12月中旬~2月上旬の土曜日)など花火の名所としても有名だ。

 テレビドラマで映画化もされた「木更津キャッツアイ」のロケ地で、若い男女がおんぶして渡ると恋がかなうというストーリーから「赤い橋の伝説」が誕生。2010年には「恋人の聖地」に認定され、カップルのタヌキをかたどったモニュメントが設置された。すぐそばには南京錠を掛けるフェンスもある。スタート前に完走と恋愛成就の願掛けはいかが。

      ×      ×

 自然豊かな上総地域や鴨川市の海などを巡る「ツール・ド・ちば2019」。その見どころを紹介する。

◆ツール・ド・ちば2019参加者募集中

 大会は10月12、13日に開催。詳しくは大会HPをご覧下さい。