進学フェア盛況 中学生向け、メッセで

参加校のブースで熱心に担当者の説明に耳を傾ける生徒ら=4日午前、千葉市美浜区の幕張メッセ
参加校のブースで熱心に担当者の説明に耳を傾ける生徒ら=4日午前、千葉市美浜区の幕張メッセ

 来春の高校進学に向け、志望校を決める中学生を対象にした「首都圏進学フェア2019in千葉」(NPO法人親子進路応援センター主催、千葉日報社共催)が4日、千葉市美浜区の幕張メッセで行われた。同フェアは3日も開催され、4日は約4千人増の約1万3千人の受験生らが来場。各高校の説明に真剣に耳を傾けた。

 会場には東京都内の私立中学を含む約160校が出展。各校の入試担当者が、受験生と面談形式の進学相談を行い情報を共有した。

 浦安市の中学3年、小林由樹さん(15)は国公立大学進学を希望しており「集中して勉強に励むことができる学校に進学したい」と気を引き締めた。

 また同フェアでは、「公立入試分析と学習対策に関するセミナー」など4講演も行われた。


  • LINEで送る