東金寺社巡りいかが 願成就寺に日吉神社、妙宣寺 今週末、各所でイベント

  • LINEで送る

願成就寺で29日に開かれる「栄真忌」のポスター
願成就寺で29日に開かれる「栄真忌」のポスター

 東金市内の3寺社で今週末の29日~7月1日、法要や神事など各種イベントが相次いで開かれる。松之郷の「願成就寺」では数百年前の寺の長老の法要が、大豆谷宮山の「日吉神社」ではおはらいが、家之子の「妙宣寺」では南北朝期に寺を開いた皇族の供養がそれぞれ行われる。誰でも参加は自由。数世紀に及ぶ各寺社の長い歴史を感じながら宗教文化に触れられる。

 願成就寺では29日午前11時、鎌倉時代に寺の隆盛に奔走したという長老、栄真をしのぶ「栄真忌」が開かれる。同寺によると、栄真は当時の中心都市だった鎌倉と交流が深く、寺の発展に尽力した。担当者は「寺が今に残っているのは栄真の活躍があったから。その遺徳を多くの人に知ってもらいたい」と話す。当日は本堂で大規模な法要が行われるほか、参列者には茶そばも振る舞われる。

 30日午後1時に「夏越大祓式」と銘打って半年に一度のおはらいの神事を開くのは日吉神社。拝殿の前で「人形」と呼ばれる道具で全身をなでながら体内の「けがれ」を取り除いてもらえるという。

 7月1日午前11時に妙宣寺で開催される「華蔵忌」は南北朝期に寺を開いた華蔵姫を振り返るイベント。華蔵姫は後醍醐天皇の孫で戦乱に巻き込まれ逃れてきたとの伝承があり、同日は命日に当たるという。

 問い合わせは願成就寺(電話)0475(55)2756、日吉神社(電話)0475(54)0980、妙宣寺(電話)0475(55)1739。