5月限定!登録無料キャンペーン実施中

枝資源化でごみ削減 造園業者にも協力要請 年間300トン見込む 市川市

 市川市は7月から、家庭から出る切り枝の剪定枝(せんていし)を資源化する事業を市全域で始める。ごみの減量化が目的で、チップや家畜の敷料、堆肥にリサイクルする。

 家庭から出る剪定枝は現在、可燃ごみとして収集している。 ・・・

【残り 953文字、写真 1 枚】



  • LINEで送る