米国直輸入の家具店 鎌ケ谷にオープン 関東第1号店

  • LINEで送る

 米国から直輸入したビンテージ家具・雑貨の販売店「L.A.DEPO Chiba」が、鎌ケ谷市鎌ケ谷にオープンした。同店はビンテージショップ「L.A.DEPO」の関東第1号店で、日本にない1点物にこだわった個性的な品々をそろえている。

 米国の倉庫を模した「L.A.DEPO Chiba」。1、2階計300平方メートルの店内には、西海岸を中心に全米からスタッフが買い付けた机やいす、ソファなどレアな商品計約580点が並ぶ。

 本物のたるをリメークしたワイングラスの棚や、ワインの瓶を再利用したランプも。米カリフォルニア生まれの青いロッカーは、米国映画の小道具にも度々使われているという。

 運営会社の今井靖彦社長は「いるだけで楽しいような店づくりをしている。米国を感じさせる雰囲気を共有してほしい」と話した。定休日は水・木曜日。問い合わせは同店(電話)047(404)5140。