JAL27年ぶりシアトル線 阿部寛さん「ぜひ行きたい」 成田空港

  • LINEで送る

俳優の阿部寛さん(右から2人目)ら関係者がテープカットを行い、シアトル線の開設を祝った=31日、成田空港第2ターミナル
俳優の阿部寛さん(右から2人目)ら関係者がテープカットを行い、シアトル線の開設を祝った=31日、成田空港第2ターミナル

 日本航空(JAL)は31日、成田-シアトル線を27年ぶりに再開した。米国・シアトル空港で最大のネットワークを誇るアラスカ航空とコードシェア提携し、北米西部・中部エリア、アラスカへの渡航の利便性向上が期待される。

 成田空港第2ターミナルでの記念式典に登場したJAL国際線イメージキャラクターを務める俳優の阿部寛さんは「シアトルはビジネスやスポーツでも有名な街。ぜひ行きたいと思います」と話した。

 JALの北米西海岸路線は6路線目。JALの赤坂祐二社長は「久しぶりのシアトル線開設。アジア各地からの乗り継ぎだけでなく全米各地、特に北米に飛ぶのに大変便利な路線になっている。ボーイング社はじめ多くのIT企業も本社を構える。いろいろな側面のあるシアトルを存分に楽しんでほしい」と述べた。

 小泉一成成田市長は「成田とシアトルがドア・トゥ・ドアで結ばれ大変喜ばしい。たくさんの人に成田を訪れてほしい」と話していた。

 シアトル線は毎日運航で午後6時成田発、午前11時シアトル着。午後2時20分シアトル発、同4時30分(翌日)成田着。

 成田国際空港会社(NAA)によると、この日は務安線も就航し、カルガリー、トロント両線も加え成田の就航都市数は国内23都市24路線、海外114都市117路線の計137都市141路線となった。