プリツカー賞「磯崎建築」触れて チャペル見学呼び掛け 印西・東京基督大

  • LINEで送る

磯崎氏が設計した東京基督教大学のチャペルの外観
磯崎氏が設計した東京基督教大学のチャペルの外観
チャペルの中。学生たちの礼拝やパイプオルガンの練習に使われている
チャペルの中。学生たちの礼拝やパイプオルガンの練習に使われている

 建築家の磯崎新氏が「建築界のノーベル賞」と呼ばれる米プリツカー賞を受賞したことを受けて、印西市の東京基督教大学は磯崎氏が設計したチャペルの一般見学を呼び掛けている。県内では珍しい個性あふれる「磯崎建築」の魅力に触れてほしい考えだ。

 同大によると、チャペルは1989年に建てられた教会建築で、同大のシンボル的存在。当時の学長が磯崎氏設計の建造物の写真を見て気に入り、建築士の仕事を辞めて在学していた学生から紹介を受けて、設計を依頼したという。

 不完全な球体が組み合わされて造られた屋根が印象的なデザインで、キリスト教の考えであるアダムとエバが禁断の果実を食べてしまった後の「不完全な世界」を表現。マリア像やキリスト像を配置するカトリックの教会とは異なり、プロテスタントの教会として中心にあえて何も据えていないことも特徴で、「神の言葉が中心にある」ことをコンセプトとしているという。

 普段は学生の礼拝やパイプオルガンのレッスンの場として使われているチャペル。同大の広報担当者は「受賞をニュースで知ったとき、学内で喜びの声が上がった。これを機に、磯崎氏の手掛けた独特なデザインのチャペルを多くの人に観賞してもらえれば」と話している。

 見学の受付時間は平日午前9時~午後4時。問い合わせは同大学(電話)0476(46)1131。