64作品最終審査へ こども新聞コンクール 202点応募

  • LINEで送る

小中学生の手作り新聞を慎重に審査する審査員たち=16日、千葉市中央区の県教育会館
小中学生の手作り新聞を慎重に審査する審査員たち=16日、千葉市中央区の県教育会館

 千葉県内の児童、生徒が作った学校新聞などの出来栄えを競う「第2回CHIBAこども新聞コンクール」(千葉日報社主催、県など後援)の1次審査が千葉市中央区の県教育会館で行われた。202点の中から64点が最終審査に進んだ。

 コンクールは、新聞作りを通して考える力や情報発信する力を身に付けてもらおうと昨年度に創設した。今回は県内の小、中学校35校から7部門に202点の応募があった。

 教員らによる県新聞教育研究会(共催)のメンバー11人が審査に当たった。記事の内容やレイアウト、チームワークなどを基準に審査し、入賞候補作品を選んだ。

 最終審査は27日に行われ、最優秀賞や特別賞などの入賞作品を決める。入賞作品は3月8~14日まで、同区のショッピングセンター「アリオ蘇我」1階に展示する。