地域の魅力発信へ 犬吠埼に新拠点 銚子、商業施設プレオープン

犬吠テラステラスのプレオープンを祝う式典=15日、銚子市
犬吠テラステラスのプレオープンを祝う式典=15日、銚子市

 銚子市の観光名所「犬吠埼灯台」の近くに15日、複合商業施設「犬吠テラステラス」(石束裕行館長)がプレオープンした。千葉県内の名産品、土産物がそろうセレクトショップや、海が一望できるテラスを設けており、新たな観光スポットとして注目を集める。

 事業主体は不動産業「大勝」(茨城県神栖市、宮内隆社長)。施設は2階建てで、延べ床面積は1786平方メートル。2011年の東日本大震災後に事業停止した宴会場兼土産物店「みさき亭」の跡地を取得した大勝が、地域の魅力を発信する拠点づくりを目指して改修した。

 施設内にはセレクトショップやカフェなどが入居。銚子ジオパークの見どころを紹介する「ビジターセンター」も、新年度からの正式移転に向けて仮オープンした。地元作家の作品を展示するギャラリーも設けた。

 式典では、関係者らがテープカットを実施。宮内社長は「銚子・犬吠埼から地域を盛り上げる活動をしていき、新たな銚子の姿をつくっていきたい」と意気込んだ。銚子吹奏楽団の演奏も会場を盛り上げた。

 年内の営業時間は午前10時~午後5時。来年の元日にグランドオープン。同日は午前6時から、来月2・3日は午前7時から開業(初日の出に合わせた入場制限あり)。グランドオープン後、土日祝日は午前7時開業に変更となる。ゴールデンウイーク前ごろ、テナントを増やす予定。問い合わせは同館(電話)0120(25)1240。


  • LINEで送る