高揚期から50年美術を再考 「1968年 激動の時代の芸術」

 1968年は日本の社会運動の最高揚期。全共闘運動をはじめ、ベトナム反戦運動、成田空港建設を巡る三里塚闘争など、権威に対するさまざまな異議申し立てが噴出した。海外でもパリ「5月 ・・・

【残り 785文字、写真 1 枚】



  • LINEで送る