渚で育つ深海の大魚 オオクチイシナギ 【海の紳士録】

  • LINEで送る

 オオクチイシナギという魚がいる。北海道から九州に至る日本周辺に広く分布し、かつては単にイシナギと呼ばれていた。しかし、よく似た近縁種(コクチイシナギ)と分布域が重なっていることが解り、オオクチイシナギ(以下イシナギ)に名称が変更された。

 イシナギは、水深四百~六百メートルの岩礁域に暮らす全長二メートルにもなる大型の深海魚である。深海魚とは、太陽の光が届かない水深二百メートルよりも深い場所に暮らす魚のことをいう。私達には馴染みが無い魚のように思われがちだが、必ずしもそうとは限らない。勝浦名産のキンメ、銚子名産のアオメエソ(メヒカリ)は共に深海魚である。また、一言で深海魚と言っても、終生を深海で過ごす者もいれば、一生のある時期もしくは大半を深海で過ごす者など、魚種によって様々である。

 さて、イシナギに話を戻すと、本種は、数が少ない魚で、その暮らしぶりはよく解っていない。しかし、根っからの深海魚でないことは確かで、その子供は、意外にも海水浴場など沿岸の極めて浅い砂底域にいることが知られている。その様な場所にイシナギの子供がいるのは春で、海水浴場が賑わいをみせる頃には、何処かへと姿を消し去ってしまう。おそらく、夏には、涼しい場所を求めて深い所へと住処を変えているのであろうが、確かな情報があるのは、ここまでである。

 イシナギの子供に出会えるのは、ゴールデンウィークの前後頃がチャンスである。波打ち際近くの転石や漂流物の周りで、体を弓なりに曲げ、ゆっくりと小さな円を書くように泳いでいる全長二~三センチの真っ黒な小魚がいれば、イシナギである可能性が高い。そうそうお目にかかれるものでもないが、水ぬるむ季節、謎多き深海の大魚の子を求めて渚に出かけてみるのも一興であろう。(千葉県立中央博物館 乃一哲久)