安室奈美恵さん引退で特別機 成田から沖縄・那覇へ

  • LINEで送る

かりゆし姿の乗務員がお迎えする「AMURO JET」=15日、成田空港
かりゆし姿の乗務員がお迎えする「AMURO JET」=15日、成田空港
安室さんの等身大パネルに笑顔を見せるファン=15日、成田空港第2ターミナル
安室さんの等身大パネルに笑顔を見せるファン=15日、成田空港第2ターミナル

 沖縄出身の歌手、安室奈美恵さんの引退前日となる15日、安室さんとタイアップした特別デザイン機「AMURO JET」が、ファンを乗せて成田空港から那覇空港に向け飛び立った。

 特別機は、日本航空(JAL)グループの日本トランスオーシャン航空が運航するチャーター便。ボーイング737-800型の機体に、ファッションブランド・GUCCIの客室乗務員風ワンピースを着た安室さんの姿と「Thanks Namie」のメッセージをデザインした。

 この日はファンら156人が搭乗し、機内のオーディオ・ビデオプログラムで「SWEET 19 BLUES」や「Hero」など安室さんのヒット曲を楽しみながら、引退に向けた心の準備をした。

 第2ターミナルのJALチェックインカウンターでは、搭乗するファンにオリジナルTシャツや、非売品のストラップ、ポストカード、搭乗証明書などの記念品を配布。搭乗ゲートには安室さんの等身大パネルもお目見えし、記念写真を撮影するファンで行列ができた。

 搭乗手続きに一番乗りした東京都内の医師女性(30)は「ファン歴は20年ぐらい。(引退の日が)いよいよ来ちゃった。コンサートのチケットは取れなかったけど、(会場からの)音漏れが聞こえるかも」と話していた。