けん玉世界大会 初優勝 鎌ケ谷市立第二中学2年 福田瑛(あきら)さん(13) 【ひと模様】

  • LINEで送る

 7月に東京都内で開催された「世界けん玉道選手権大会」で初優勝を果たした。日本から34人、海外から20人のトップ選手らが出場するハイレベルな大会を制し、「うれしかった」と素直に喜ぶ。

 けん玉を始めたのは小学3年。祖母が買ってくれたのがきっかけだった。イベントで見たプロのパフォーマンスで火が付き、小4からけん玉教室に通い始め、本格的な練習をスタート。鎌ケ谷市立第二中学2年の今は、父の一さん(48)が監督しながら「毎日2~3時間練習している」。

 世界大会は、厳しい練習なくしてはとても習得できない「つるし2回転灯台から2回転とんぼ返り」「スーパーフラミンゴ宇宙遊泳」といった最高難度の技の成否で勝敗が決まる。特に決勝は、予選を勝ち上がった強豪同士の戦いのため、一つのミスが命取りに。そんな中でも冷静さを保ち、落ち着いたプレーで技を次々成功させていった。

 昨年も出場予定だったが、利き手の左手を骨折し泣く泣く断念。その間、右手でも技を磨いたことが初優勝につながった。次は、来年の「全日本大会で優勝したい」。熱い思いを胸に秘め、冷静に試合に臨む。