0歳~小学生一体教育 町立鋸南幼稚園 幼保小隣接地に開園

  • LINEで送る

9月から開園する鋸南町立鋸南幼稚園。外には遊具を備え、保育所や小学校と隣接する=同町
9月から開園する鋸南町立鋸南幼稚園。外には遊具を備え、保育所や小学校と隣接する=同町

 鋸南町が保育所と小学校の隣接地に整備を進めてきた「町立鋸南幼稚園」の竣工式が、同町下佐久間で行われた。9月から開園し、0歳から小学生までの一体的な教育を推進する。同町は本年度から、町立幼稚園の保育料無償化を県内で初めて導入しており、保護者が利用しやすい環境を整えることで教育のさらなる充実化を図る。

 町は少子化による教育施設の再編で、保育所と幼稚園、小・中学校をそれぞれ一つに統合。保育所と小学校は隣接していたが、幼稚園は別の場所にあった。一元的な教育環境の整備を図るため新たな園舎を建設した。

 園舎は、学童保育所を小学校敷地内に移転し、学童保育所を解体して建設。鉄筋造りの2階建てで、教室3室に一時預かり室、遊戯室を備える。延べ床面積は約905平方メートル。屋外には、ブランコや3連低鉄棒などの遊具を置いた。総事業費は3億7838万円。

 白石治和町長は「教育施設再編の最終章として、設備の充実を図った。子どもたちが安全安心に育ち、輝き続けるまちづくりを進めたい」と話した。