「本番待ちきれない」 市民らパラ競技体験 幕張イオンで2年前イベント 【2020東京オリ・パラ】

  • LINEで送る

車いすフェンシングに挑戦する参加者=25日、千葉市美浜区のイオンモール幕張新都心
車いすフェンシングに挑戦する参加者=25日、千葉市美浜区のイオンモール幕張新都心
2年後のパラリンピックを盛り上げようと、気勢を上げる熊谷市長やアスリートら
2年後のパラリンピックを盛り上げようと、気勢を上げる熊谷市長やアスリートら
ブラインドサッカーを体験するお笑い芸人のはんにゃと南海キャンディーズしずちゃん
ブラインドサッカーを体験するお笑い芸人のはんにゃと南海キャンディーズしずちゃん

 東京パラリンピック2年前イベントが開かれているイオンモール幕張新都心(千葉市美浜区)では25日、車いすフェンシングやボッチャの体験コーナーが用意され、多くの市民らがパラスポーツに挑戦した。パラアスリートや五輪メダリストのほか、お笑い芸人らが登場し会場を盛り上げた。きょう26日まで。

 車いすフェンシングの体験イベントで千坂香菜選手と対戦した山武市の小学6年、五木田大将君(12)は「トップ選手を身近に感じてわくわくした。東京五輪・パラが待ちきれない」と目を輝かせていた。

 パラリンピックでは、ゴールボール、シッティングバレーボール、パラテコンドー、車いすフェンシングの4競技が幕張メッセで開催される。イベント開会式で熊谷俊人市長は「五輪と同じようにパラを成功させたい。障害の有無に関係なく楽しめるスポーツとしてぜひ体験してみて」と競技への理解を促した。