長嶋茂雄氏が復帰の意向 11月、佐倉の野球教室で 巨人元選手9人も講師に

  • LINEで送る

少年野球教室で子どもたちのプレーを見て回る長嶋さん=昨年11月、佐倉市
少年野球教室で子どもたちのプレーを見て回る長嶋さん=昨年11月、佐倉市

 入院中のプロ野球・巨人終身名誉監督、長嶋茂雄氏(82)が、11月10日に出身地の佐倉市内で開催される「長嶋茂雄少年野球教室」を復帰の舞台としたい意向を示していることが23日、分かった。同市の蕨和雄市長が定例会見で明らかにした。

 蕨市長によると、長嶋氏の入院について週刊誌報道があってすぐの今月9日に、蕨市長が励ましの手紙を送った。16日になって、長嶋氏が「野球教室にできる限り出席したい」と話していることが、関係者を通じて蕨市長に伝えられたという。
 
 蕨市長は「胆石が見付かり、黄疸(おうだん)になってしまったが、今は治って食欲も出て、回復に向かっていると聞いている」とし、元気な姿を見せてくれるよう期待した。

 同教室は同市の岩名球場が「長嶋茂雄記念岩名球場」と改称されたのを機に2014年からスタート。長嶋氏をはじめ、巨人軍の往年の名選手が子どもたちの指導に当たり、今年で5回目となる。
 
 昨年も参加した中畑清さん、松本匡史さん、角盈男さんら7人に加え、今年は新たに川口和久さん、槙原寛己さんも参加予定。講師陣や子どもたちによるエキシビションマッチも行う。