全国大会目指しまくら投げ大会 木更津で9月30日

  • LINEで送る

予選会で枕を投げ合う選手たち=昨年10月、木更津市
予選会で枕を投げ合う選手たち=昨年10月、木更津市

 浴衣姿で修学旅行さながらに枕を投げ合う「全日本まくら投げ大会in木更津 千葉県大会 千葉日報杯」が9月30日、木更津市東太田の木更津総合高校至真殿で開催される。優勝チームは来年2月に静岡県伊東温泉で行われる全国大会に出場できる。実行委が参加する24チームを先着順で募集している。

 まくら投げ大会は、「修学旅行の枕投げをスポーツにしたら面白い」という発想で2013年に静岡県伊東市で始まった競技。昨年10月に木更津市内20チームが参加して県内初の予選会が開かれた。今回は県内全体から出場者を募っている。

 1チーム8人編成で、相手の大将に枕を当てた方の勝利。枕に当たった選手は「就寝」となり布団にもぐり、「先生が来たぞー」の掛け声で正座するユニークなルールもある。

 優勝チームには全国大会への出場権と遠征補助金として10万円を贈呈する。準優勝と3位の賞品はまくら一つ。出場可能最少人数は1チーム6人。参加費は1チーム1万8千円。申し込み、問い合わせは主管のNPO法人・木更CoNのホームページ(http://kisacon.com/