“童顔”クワガタ羽化 頭は幼虫のまま、国内初か 27日、解説付きの展示会 「トカラノコギリ」の奇形 東金農業大学校

  • LINEで送る

頭だけ幼虫という奇妙な姿をした雄のトカラノコギリクワガタ=東金市の千葉県立農業大学校
頭だけ幼虫という奇妙な姿をした雄のトカラノコギリクワガタ=東金市の千葉県立農業大学校

 頭だけ幼虫の形状をとどめた雄のクワガタムシが、東金市の千葉県立農業大学校(越川浩樹校長)で羽化した。雄に一般的であるはさみのような長く大きな顎が無く、その姿はまるで雌のよう。こうした“童顔”の奇形は非常に珍しく、今後学術的に紹介されれば国内初の事例となる見込みだ。

 飼育した同校病害虫専攻教室の清水敏夫准教授によると、羽化したのは「トカラノコギリクワガタ」という品種の雄で、「頭部蛹化(ようか)不全」という状態の奇形で生まれてきた。普通に成長していれば大きな顎があるはずが、今回の雄には朽ち木などの餌をかじりやすい幼虫時特有のペンチのような小さな顎が残っている。

 芋虫から外骨格を持つ甲虫へと「完全変態」するクワガタムシは通常、幼虫期の最後に体が縦に割れ、中からほぼ成虫の形をしたさなぎが出てくる。清水准教授によると、ほとんどの部位はこの段階で成虫の体に変形したが、頭のみ脱皮がうまくいかなかった。このため、さなぎの期間に頭だけ幼虫の形をした外骨格が形成され、今年7月、そのままの状態で羽化したという。

 頭部の奇形は餌の採取が難しく、羽化しても死んでしまう例がほとんど。ただ今回の例では成虫が餌とする樹液などを吸いやすいブラシ状の口は形成されたため、今月13日現在も元気に動き回っている。

 同様の不全個体はアマチュアが見つけた例などはウェブ上にあるが、学術的な場で発表されたケースはないという。清水准教授は「奇形でしかも生きているのに驚く。国内初の例になるはずで、今後、専門誌に論文を送る」と意気込む。

 27日午後2時から同校体育館で開かれる昆虫展示会で公開される。研究室担当者から解説が受けられるほか、他の奇形クワガタやヘラクレスオオカブトに触ったり、300種以上の各種標本を見学できる。問い合わせは同校(電話)0475(52)5121。