夜空に大輪2万3千発 幕張ビーチフェスタ

  • LINEで送る

夏の夜空を彩った「幕張ビーチ花火フェスタ」。約30万人を魅了した=27日、千葉市美浜区の幕張海浜公園
夏の夜空を彩った「幕張ビーチ花火フェスタ」。約30万人を魅了した=27日、千葉市美浜区の幕張海浜公園

 夜空を彩る夏の風物詩「幕張ビーチ花火フェスタ(第40回記念千葉市民花火大会)」が27日、同市美浜区の幕張海浜公園で開かれた。今年は初の金曜日開催となったが、約30万人が観賞。国内最大規模という約2万3千発の花火に酔った。

 開催40回を記念して特別プログラムを実施。海上花火や直径約300メートルの尺玉など約4400発が音楽に合わせて打ち上げられ、観客から大きな歓声が上がった。

 初の“プレ金”開催について熊谷俊人市長は「東京五輪・パラリンピックが開かれる2020年も平日開催の可能性がある。今年課題が出れば検証していきたい」と話した。