食品寄付し困窮者支援 コープ市川店に回収箱

  • LINEで送る

コープ市川店に設置されたフードドライブ専用の食品回収ボックス=20日、市川市
コープ市川店に設置されたフードドライブ専用の食品回収ボックス=20日、市川市

 コープみらい(さいたま市)とフードバンクふなばし(船橋市、笹田明子代表)は20日、市川市のコープ市川店にフードドライブ専用の食品回収ボックスを設置した。

 フードドライブは、家庭で余った賞味期限内の食品を持ち寄り、生活困窮家庭などに配って支援する仕組み。

 食品回収ボックスは高さ80センチ、直径44センチの円柱形で、来店客からコメや缶詰、レトルト食品などを寄付してもらう。集まった食品はフードバンクふなばしが回収し、船橋市内の子ども食堂で提供したり、市を通して支援を必要とする子育て家庭に無料で配布したりする。

 コープみらい千葉県本部の鳥羽治明本部長は「地域で支え合いの気持ちが高まり、子育て世代の支援につながれば」と期待。笹田代表は「食で子どもを支援できるよう一歩ずつ活動していきたい」と話した。

 コープみらいは、千葉市内の東寺山店、花見川店で既に食品回収ボックスを設置。この日は市川店のほか、薬円台店(船橋市)にも設置した。