千葉ジェッツ島田社長、千葉市中央区で講演 目指すのは“地域愛着”

  • LINEで送る

質問に答える千葉ジェッツふなばしの島田社長=18日、千葉市中央区の市消費生活センター
質問に答える千葉ジェッツふなばしの島田社長=18日、千葉市中央区の市消費生活センター

 バスケットボールBリーグ・千葉ジェッツふなばしの島田慎二社長が18日、千葉市中央区の市消費生活センターで講演会を開いた。島田社長は経営破綻寸前からリーグ屈指の人気チームに成長するまでの道のりを経営者の視点から振り返り、今後は「地域への愛着を育めるチームにしたい」と語った。

 島田社長は強豪チームの打倒を掲げスポンサーから1年間で2億円の資金を集めた話を紹介。「いかにして相手の共感を得るかが大事」と説明した。今後のチーム経営のキーワードとして“地域愛着”を挙げ「ジェッツがあるから、この街に住みたいと思ってもらえるようになりたい」と意気込んだ。

 質疑応答ではファンからエース富樫勇樹選手の来季の動向を心配する質問も。島田社長は「いい方向にいくと思っている」と前向きに答え、ファンを喜ばせた。

 講演会は千葉市の主催で、市と千葉ジェッツが結んでいる「フレンドリータウン協定」の一環。中央区の主婦、手島恵美子さん(35)は「2年ほど前からジェッツのファン。経営の視点からチームを強くする話を聞けて良かった」と満足げな表情を見せた。