「ナナ」嫁入りへ 13日にお別れ会 千葉市動物公園のオランウータン

  • LINEで送る

“嫁入り”が決まったボルネオオランウータンの雌「ナナ」=千葉市動物公園提供
“嫁入り”が決まったボルネオオランウータンの雌「ナナ」=千葉市動物公園提供

 千葉市若葉区の千葉市動物公園は13日、園内オランウータン展示場前で、“嫁入り”のため横浜市のよこはま動物園ズーラシアに引っ越すオランウータン「ナナ」(雌、28歳)のお別れ会を開催する。

 ナナは絶滅危惧種に指定されているボルネオオランウータンで、1990年4月に千葉市動物公園で生まれた。臆病なところもあるが好奇心旺盛な性格。園内の雄と仲良く暮らしていたが長い間繁殖に結び付かなかったため、雄2頭が飼育されているズーラシアへの引っ越しが決まった。

 お別れ会は午後1時15分~同1時半開催。誕生時から成長を見守ってきた飼育担当者が思い出を紹介し、食いしん坊のナナに好物の果物をプレゼントする。飼育担当者は「さみしいが、嫁ぎ先で新たな出会いがある。みんなでナナにお別れを言って」と来園を呼び掛ける。

 千葉市動物公園でナナを見られるのは15日まで。問い合わせは同園(電話)043(252)1111。