役者とエキストラが一体 「のだめカンタービレ」(フジテレビ) 京葉銀行文化プラザ音楽ホール(旧ぱ・る・るプラザ千葉、中央区) 【ロケ地を訪ねて】

  • LINEで送る

 舞台と客席が一体となったホールに響くピアノの音-。クラシック音楽ブームを巻き起こすなど、話題を集めたテレビドラマ「のだめカンタービレ」(フジテレビ)の舞台となった。

 音大ピアノ科生の女性主人公が出場するコンクールの本選会場という設定で使用された。撮影当日は早朝から、一般エキストラが同プラザ前に長蛇の列をつくり、一、二階席合わせて全七百十九席を埋めた。

 主人公の演奏、客席の拍手など撮影シーンは多数。ロケは夜遅くまで続いた。実際にピアノが演奏されることはなかったものの「役者とエキストラ、ホール全体が一体となっているのが伝わってきた」(ホール関係者)。

 県内唯一の音楽専用ホールで、舞台と客席の天井の高さが同じ「ワンボックス型」も県内ではここだけ。反響に優れ、東京フィルハーモニー交響楽団の定期演奏会が開かれるなど、プロの評価も高い。サクラの木目を生かした壁が、ドラマでも重厚な雰囲気をかもし出していた。

 エンドロールで施設名は紹介されなかったが、放映後はファンからの問い合わせが多く寄せられたという。

 【所在地】中央区富士見1-3-2 電話043-202-0800

 【交通】◇電車=JR千葉駅から、徒歩3分
 ◇モノレール=千葉都市モノレール千葉駅か栄町駅から、徒歩3分