船上でゆったり春満喫 手賀沼、限定ランチも 道の駅しょうなん

  • LINEで送る

定員約35人の大型船。水上から手賀沼の雄大な自然が楽しめる(道の駅しょうなん提供)
定員約35人の大型船。水上から手賀沼の雄大な自然が楽しめる(道の駅しょうなん提供)

 柏市の「道の駅しょうなん」は今月下旬から、春の手賀沼を遊覧船でゆったり周遊できるクルーズツアーを開催する。気候に恵まれれば、船上から桜や藤の花、野鳥の観察が可能。春気分を満喫できる参加者限定のランチも楽しめる。

 クルーズツアーは大型船と小型船の2プランを用意。ともに道の駅しょうなん発着で、所要時間は約1時間。水上から手賀沼の豊かな自然や迫力満点の手賀大橋、柏・我孫子の街並みを眺めることができる。

 また、道の駅しょうなんのレストラン「野菜レストランSHONAN」と「Viaggio」は参加者を対象に、限定メニューや特別価格のランチを提供。菜の花や桜を使った季節料理が味わえる。要予約。

 ツアーの開催日は大型船が21、24、25、31日、4月1日。各日3回運行し、料金は大人800円、小学生以下400円。小型船は4月3、5、7、8日で各日2回。大人1200円、小学生以下800円。いずれも3歳以下は無料。申し込みは大型船が前日午後5時まで、小型船が3日前の午後3時までで、道の駅しょうなん(電話)04(7190)1131へ。

 同市商工振興課は手賀沼周辺の観光スポットなどを紹介する「かしわおでかけマップ」を発行しており、担当者は「マップ片手に春の手賀沼めぐりを楽しんで」と話している。