「議場結婚式」いかが 無料、定住促進へ 野田市が2組募集

  • LINEで送る

議場で届け出挙式のリハーサルを行う市職員=野田市役所

 二人の新たな門出を、野田市がお祝いします-。婚姻届提出後、市役所の市議会議場で結婚式を挙げる「届け出挙式」を希望するカップルを、市が2組限定で募集している。市への愛着を深め、定住促進につなげるのが狙い。費用は無料で、今月23日まで応募を受け付ける。

 届け出挙式は、結婚情報誌「ゼクシィ」編集部による企画。経済的事情などから結婚式を行わない夫婦が増えている状況を考慮し、昨年2月から全国の自治体で実施している。県内での開催は今回が初めて。

 日程は来月26~30日から選択可能。午前11時開始で、1組約30分。人前式スタイルで執り行われる。誓いの言葉を交わし、結婚誓約書に署名した後、記念撮影を行う。服装は自由で、ブーケやベール、リングピローなどの小物はゼクシィが用意する。

 家族や友人は30人ほど招待できるが、飲食は不可。市職員が司式者を務め、列席する鈴木有市長が祝辞を述べる予定(公務の都合により変更の可能性あり)。事前に打ち合わせを行い、挙式内容の変更や相談にも応じる。

 応募資格は、届け出挙式当日にいずれかが同市に居住、もしくは居住予定の夫婦。挙式当日に同市へ婚姻届を提出、または昨年4月1日以降~挙式前日までに婚姻届を提出し、結婚式を挙げていないことが条件となる。

 市は議場で音楽を流せるよう設備改修を進めており、鈴木市長は「若い人を応援しながら一緒に街づくりをしている。野田はアットホームな街だとアピールしたい」と話している。

 応募は市ホームページから。希望者多数の場合は抽選。問い合わせは市企画調整課(電話)04(7125)1111(代表)。