地域限定SNSで発信 市政情報ピンポイントで 千葉市「マチマチ」と連携

  • LINEで送る

協定を結んだ熊谷市長(左)と六人部代表=千葉市役所

 千葉市は、ITベンチャー「マチマチ」(東京都目黒区)と協定を結び、同社が運営する地域限定の交流サイト(SNS)「マチマチ」で市政情報の発信を始めた。マチマチは居住地域に応じて情報をやり取りできるのが特長。市は各地域の課題解決に向けて、住民同士の結び付きが深まることも期待している。同社との協定は千葉県内で初めて。

 マチマチは居住地域ごとに“近所”の範囲を設定することができ、お薦めの店舗や子育て関連、イベントなどのご近所情報を交換することが可能。実名での登録が必要なため、同社の六人部(むとべ)生馬代表は「投稿情報の信頼性が高い」としている。行政としては区や町丁、性別、年齢に応じて行政情報を提供できる利点がある。

 協定を受け「地域コミュニティーの活性化」「情報発信の最適化・効率化」「地域の防犯・防災の強化」の3点で連携。市ホームページの新着情報や公式SNSの情報が自動的に配信されるほか、マチマチの市公式アカウントからも情報を発信する。市は転入者などにマチマチを紹介するチラシを配布するなどして、登録者数の増加を図る。

 市役所で行われた協定締結式で、熊谷俊人市長は「回覧板や掲示板での情報提供には限界があった。マチマチで世代や地域ごとに、ピンポイントで最適な情報を送ることができる。多くの人に登録してもらい、地域課題の地元での解決も促したい」と期待した。六人部代表は「コミュニティーの活性化を目指す」と話した。

 マチマチの利用は19歳以上で無料。